1位 マキアージュ スノービューティーⅢ

雪のように真っ白で透き通った美肌を目指す薬用美白フェイスパウダーの「マキアージュ スノービューティーⅢ」。

シミ・そばかすの原因となるメラニンを抑制する効果のある「m-トラネキサム酸」が配合されており、色白肌を導きます。

昼も夜も使用できるアイテムで、昼はおしろいとして。
夜は乳液やクリームのベタつきをしっとり抑え、滑らかな肌を作りだします。

誰もがうらやむ色白肌を目指してみてはいかがでしょうか。

2位 エスティーローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

1998年の発売以来ロングセラーアイテムとなっている「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」。

リキッドタイプのファンデーションで、至近距離でも毛穴の目立たない「カバー力」と、化粧崩れのない「キープ力」を持続します。

長時間安定した美肌を保つことができるため、幅広い世代に人気です。

パウダーにしかできない「テカリを抑える効果」も、リキッドなのにしっかり対応!

気になる肌トラブルを瞬時に抑える万能リキッドファンデーションをぜひお試しください。

3位 カネボウ フェースアップパウダー 【ミラノコレクション2016】

毎年新しいデザインが発売されるカネボウのフェースアップパウダー。
早くも「ミラノコレクション2017」の予約受け付けも開始されています。

テーマによって保湿成分やパッケージも変わるミラノコレンクションですが、「ミラノコレクション2016」では、保湿成分にローヤルゼリーとエーデルワイスエキスを配合。

ベルベットのようななめらかな肌を演出する商品が販売されました。

SPF14 PA++の紫外線カット効果もつき、キメ細やかなパウダーでふっくらとした美肌を導くことができます。

ミラノコレクションはこれからもまだまだ注目すべきファンデーションです。

4位 コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー

コスメデコルテ独自のきめ細かな粒子を、保湿効果の高いアミノ酸でコーティングした「AQ MW フェイスパウダー」。

最高級のオーガニックシルクパウダーが、肌にしっかりフィットし、乾燥に強い潤い美肌をキープします。

細かな粒子が作り上げる滑らか肌は、自然でナチュラル。

全5色のカラーからお気に入りを見つけ、ナチュラル美肌を目指していきましょう。

5位 アルビオン スマートスキン ベリーレア

2016年8月に発売された「アルビオン スマートスキン ベリーレア」は、生ツヤ・生肌にこだわる素肌っぽいナチュラルな仕上がりへと整える新感覚のファンデーションです。

固形状なのに柔らかい、とろけるテクスチャがツヤとふんわり感を導き。自然でナチュラルな仕上がりを目指します。

「アルビオン スマートスキン ベリーレア」があれば、化粧下地も必要ありません。

素肌のような生肌を体感してみてはいかがでしょうか。

6位 ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地

幅広い世代に注目を集める化粧品クチコミサイト「@cosme」にて「ベストコスメ大賞」を受賞し、殿堂入りも果たした「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地」。

保湿成分の「カミツレエキス」が配合されており、肌に潤いを与えながら、化粧崩れの原因となる皮脂をしっかり取り除いていきます。

テクスチャはみずみずしく、ノビも抜群です。

肌全体にテカリを抑え、潤い美肌を導いていきます。

7位 カネボウ ALLIE(アリー) エクストラUVジェル (ミネラルモイストネオ)

SPF50・PA++++の高いUVカット効果を持ち、汗・水に強いウォータープルーフタイプでありながら、洗顔料やボディーソープでしっかり洗い流すことのできるALLIE(アリー) の「エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)」。

肌のキメや毛穴にもしっかりフィットして、ムラ焼けも防ぎます。

保湿成分に「ヒアルロン酸・水溶性コラーゲン・ローヤルゼリーエキス・ハトムギ種子エキス」を配合。

紫外線をガードしながら、潤いのある肌を導きます。

8位 イプサ フェイスカラー デザイニングパレット

チークカラー・ハイライトカラー・シェーディングカラー・パーフェクティングカラーの4つのカラーが立体感と透明感を作り上げるイプサの「フェイスカラー デザイニングパレット」。

チークカラーにはほんのりとした血色を与える効果があり、ハイライトが肌の透明感をアップさせます。

また、シェーディングが肌にメリハリのある立体感をつけ、パーフェクティングカラーでナチュラル美肌を目指します。

4つのカラーで、品のある立体的なベースメイクを作り上げていきましょう。

9位 イプサ リキッドファウンデイション

かさつき・べたつきのある混合肌におすすめの「イプサ リキッドファウンデイション」。

リキッドなのに皮脂バランスを整え、テカリもかさつきもしっかり抑える効果があります。

透明感の高いクリアな肌を導き、整った美肌を長時間キープ。

ODバランス処方で角質層を保持しながら、汗・皮脂・乾燥に強い肌を導きます。

10位 エリクシール ホワイト デーケアレボリューション C+

2016年の上半期ベストヒット・コスメランキングで美の殿堂賞を受賞した「エリクシール ホワイトデーケア レボリューションC+」。

SPF50・PA+++の高い紫外線カット力を持ち、夕方まで紫外線に負けない明るい美肌を保ちます。

乳液・UVケア・化粧下地の3役をこなす万能ベースメイクアイテム。

化粧水後のスキンケアはコレ1つでOKです。

コラーゲンや美白有効成分の「m-トラネキサム酸」配合で、潤いのある色白肌を導きます。

30代前半の女性に合ったベースメイクの選び方

肌荒れを起こしやすい30代前半

出典:://

30代前半は女性ホルモン分泌量や肌の皮脂分泌量がピークを迎える年代です。

20代後半から徐々に現れ始める「シミ」や「ほうれい線」などの肌トラブルだけでなく、大人ニキビや肌荒れなどの炎症も増えていきます。

そんな敏感になった肌に、添加物のたっぷり配合された刺激の強いベースメイクアイテムや毛穴の奥まで化粧品が詰まってしまうようなアイテムを使用するのは大変危険です。

様々な肌トラブルをより悪化させてしまいます。

30代前半で使用するベースメイクアイテムは、こってりとしたリキッドやクリームタイプの化粧品ではなく、ふんわりとした素肌のような仕上がりにできるアイテムがおすすめ。

どうしてもリキッドやクリームタイプのベースメイクアイテムを選びたいという時は、さらりとした仕上がりになるものを選択してみてください。

シミ・そばかすなどの肌トラブルにはコンシーラーを使う

出典:://

気になる肌トラブルを隠すために「カバー力の強さ」をベースに、ベースメイクアイテムを選んでいる人もいるかもしれません。

しかし、カバー力が強いアイテムは、カバー力が強い分だけ肌への負担も大きくさせてしまいます。

また、毛穴の奥までベースメイクアイテムが入り込み、なかなか洗い落とせず炎症を起こしてしまう場合もあるのです。

シミ・そばかすなどの気になる肌トラブルは「コンシーラー」でカバーするのがおすすめ!

肌への負担を最小限に抑えていきましょう。

紫外線もしっかりカット

出典:://

肌へ大きな負担を与える「紫外線」も30代の肌には、とても危険な物質です。

紫外線は後に大きなシミ・シワ・たるみ・くすみなどの年齢肌トラブルを引き起こします。

ベースメイクアイテムや日焼け止めは毎日しっかり塗ってください。

毎日のケアが紫外線に負けない・年齢肌に負けない「若見え肌」を作り上げます。

ベースメイクアイテムには、紫外線カット効果のあるものも選んでみてください。

いかがでしたでしょうか?

30代前半は女性ホルモンや皮脂分泌量により、様々な肌トラブルが起こりやすい年代となります。

肌への負担をあまり与えず、ナチュラルな仕上がりを求めるベースメイクアイテムで、ふんわり素肌を目指してみてくださいね。

関連するまとめ

50代の女性におすすめの目元・口元スペシャルケア ランキング ベスト10

肌へのダメージが水分量の低下につながる50代。 目元のハリや唇の潤いも失われる年代ですので、目元にも口元に…

ta_sa / 430 view

50代の女性におすすめのメイクアップ ランキング ベスト10

紫外線だけでなく、洗顔やクレンジング、メイクでも肌に負担がかかってしまう50代。 50代からは、年齢肌の影…

ta_sa / 940 view

乾燥肌の女性におすすめの洗い流すパック・マスクランキング ベスト10

スキンケアの後のスペシャルケアや、シートマスクだけでスキンケアができる万能マスクなど「洗い流すパック・マスク…

ta_sa / 687 view