1位 トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション

ミネラルパウダリーファンデーション

SPF30・PA++の紫外線カット力を持つ「トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション」は、肌にやさしく、軽いつけ心地を実現したミネラル処方のパウダーファンデーションです。天然由来成分・ミネラル成分のみで作られているので、デリケートな肌質にも安心して使用することができ、クレンジングなしのメイクオフも叶えます。

日本製高純度ミネラル・トゥヴェール独自のセラミドバリアコーティング処方が採用されているため、軽いつけ心地なのに「くすみ・凹凸・シミ・そばかす」などの肌トラブルはなめらかにカバー。ミネラルファンデとは思えない仕上がりで、ツヤ肌へと導きます。

「トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーション」1つで、「化粧下地・日焼け止め・ファンデーション・フィニッシングパウダー」の4つの役割を果たすことができるため、忙しい朝の時短メイクにもおすすめです。

配合成分には「ビタミンC誘導体・セラミド・アミノ酸・ヒアルロン酸Na」などの美肌成分や「ニガハッカエキス・トコフェロール・イチゴ果実エキス」などの整肌成分、「オリーブ果実油・ホホバ種子油・スクワラン・メドウフォーム油」などの潤い成分、全26種類を厳選!

スキンケア効果も抜群の「ミネラルパウダリーファンデーション」で、メイクしながら潤いのある健やかな肌を目指してみてはいかがでしょうか。

2位 澄肌CCクリーム

澄肌CCクリーム

「澄肌CCクリーム」は、SPF50+・PA++++の強力な紫外線カット力を持つ、紫外線対策もバッチリの多機能CCクリームです。
1本で「日焼け止め・クリーム・コンシーラー・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダー」の6役を持ち、気になるシミ・くすみ・毛穴もしっかりカバーして、簡単ベースメイクを完成させます。

気になる色ムラや毛穴目立ちを自然にカバーし、透明感のあるなめらか美肌を実現できるのは、イエロー・ブルー・レッドの3色の「肌色コントロールパウダー」と「毛穴ロックポリマー」が配合されているから。気になるくすみも目立ちにくくし、ワントーン明るい美肌へと導きます。

また、「さらさらエアインパウダーEX」と「皮脂吸着パウダー」の効果で、汗・皮脂に濡れても色くすみしないさらさらの素肌を1日中キープします。

「澄肌CCクリーム」には、「米発酵液・米ぬか酵素分解エキス・ハトムギ発酵液・スクワラン・グリコシルトレハロース」などの美容成分もたっぷり配合されていますので、ベースメイクをしながら潤いに満ちた理想の肌を目指すこともできますよ!

「澄肌CCクリーム」で、透明感のあるツヤ肌を体感してみてはいかがでしょうか。

3位 オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラル 差し替え

つけたまま眠ることもできるくらい肌への優しさにこだわった「オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション」。ミネラル100%処方で、薬用美白有効成分「リン酸L-アスコルビルマグネシウム」も配合。ファンデーションをつけているだけでシミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制し、透明感のあるなめらかな美肌へと導きます。

また、コレ1つで「日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・フィニッシュパウダー・美肌美容液」の6つの役割を持っているため、ベースメイクも簡単!時短メイクを叶えるだけでなく、SPF50・PA+++の強力な紫外線カット力で、UV対策も抜群です!

肌にやさしい処方にこだわりが持たれているため、肌への負担となる「石油系界面活性剤・鉱物油・合成香料・色素・パラベン・シリコン・タルク・紫外線吸収剤ナノ粒子」などの添加物は一切不使用!クレンジングもいらず、お手持ちの洗顔料だけでメイクも汚れもしっかり落とすことができるため、肌摩擦・化粧品成分による肌への刺激も大幅にカットすることができますよ!

20代前半は、まだまだ年齢肌に悩む年代ではありません。しかし、今のうちから肌に優しいスキンケア・ベースメイクアイテムを選ぶだけで、未来の肌を守ることができます。「オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション」で、健やかな肌をキープさせていきましょう!

4位 VINTORTE (ヴァントルテ)美容液ミネラルリキッドファンデーション

リキッドファンデ【VINTORTE】

VINTORTE (ヴァントルテ)の「美容液ミネラルリキッドファンデーション」は、メイクしながらエイジングケアを行う美容液生まれのリキッドファンデーションです。

高純度のミネラルを配合し、「石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・シリコン・鉱物油・タール色素」など肌に負担のかかる成分を排除。シリコンがなくても崩れにくくなめらかな使用感を実現しています。

クレンジングの必要もなく、普段使っている石鹸・洗顔料でメイクを落とすこともできるので、摩擦による肌への刺激を軽減することもできますよ!

美容液成分80%以上の「美容液ミネラルリキッドファンデーション」には、「プラセンタ・コラーゲン・セラミド・スクワラン・ヒアルロン酸・プロテオグリガン・ホホバ種子油・アロエベラ葉エキス」など贅沢な美容成分をたっぷり配合。微粒子パウダーが毛穴の目立ちにくいなめらかな肌へと整え、美容成分が潤いあふれるハリツヤ肌へと導きます。

SPF25・PA++の紫外線カット力もありますので、日常の紫外線対策もこれ1つでOKです。
「美容液ミネラルリキッドファンデーション」で、色っぽツヤメイクを完成させてみてはいかがでしょうか。

5位 VINTORTE (ヴァントルテ) シルクパウダー ミネラルファンデーション

ミネラルファンデーション

「VINTORTE (ヴァントルテ) シルクパウダー ミネラルファンデーション」は、化粧品口コミサイト「@cosme」のベースメイク・メイクアップランキング1位を取得した経歴を持つ、天然成分100%の国産ミネラルファンデーションです。

「タルク・シリコン・界面活性剤・パラベン・香料・着色料・紫外線吸収剤・アルコール」などの添加物を使用しない「10の無添加」を実現し、石鹸でも落とせるクレンジング不要の優しさで、肌摩擦・化粧品成分による肌への負担を軽減します。

天然ミネラル成分とシルクパウダーは、軽いつけ心地で肌にしっかり密着。トントンと肌にのせるだけで、毛穴・くすみ・しわ・そばかすなどの気になる肌トラブルを自然にカバーしていきます。

ベースメイクを整えながら、高保湿も導く「ピュアミネラル」も配合されていますので、しっとり潤うなめらか美肌・崩れないベースメイクも1日中キープします。

VINTORTE (ヴァントルテ)の「シルクパウダー ミネラルファンデーション」がつくる、陶器のようなシルク肌を体感してみてはいかがでしょうか。

6位 ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂崩れ防止化粧下地

20代前半のベースメイクランキング第1位に輝いたのは、ソフィーナ プリマヴィスタ の「皮脂崩れ防止化粧下地」でした!

化粧品クチコミサイト「@cosme」にてベストコスメ大賞を受賞し、殿堂入りも果たした商品で、化粧崩れの原因となる皮脂をしっかり取り除き、テカリのないツヤやかな肌を導くことができます。

みずみずしいつけ心地で、伸びも良く、汗・皮脂によるテカリをしっかりガード。

保湿成分の「カミツレエキス」配合で、もちもち肌も手に入れることができますよ!

7位 エスティーローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

エスティーローダーを代表する「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」。

幅広い世代に愛され、1998年の発売以降ロングセラーアイテムとして人気を集めています。

至近距離でも毛穴0を導くカバー力。
長時間化粧崩れなしのキープ力を保つ商品で、自信の持てる美肌を演出します。

シミ・シワ・テカリも抑える優秀リキッドファンデーションです。

8位 コスメデコルテ AQ MW フェイスパウダー

業界初の最高級オーガニックシルクパウダーを使用したコスメデコルテの「AQ MW フェイスパウダー」。

コスメデコルテ独自の技術で、きめ細かな粒子を作り、保湿効果の高いアミノ酸をコーティングしています。

肌への密着性も高く、乾燥しにくいさらさら肌を導きます。

カラーは全部で5色。

肌のトーンに合わせてナチュラルな肌を作り上げてみてください。

9位 マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV

肌の水分バランスと皮脂をコントロールするセンサー効果で美肌を長時間保つマキアージュの「ドラマティックスキンセンサーベースUV」。

皮脂だけを抑え、肌表面をさらさらに保ちながら潤いをコントロールする美肌センサー処方がされています。

またトリニティマグネット効果により、ファンデーションを肌にしっかり密着させ、化粧崩れのない美肌を導いていきます。

さらりとした美肌を1日中キープさせていきましょう。

10位 セザンヌ UVクリアフェイスパウダー

保湿成分の「アセロラ果実エキス・カムカムエキス・ヒアルロン酸・スーパーヒアルロン酸・スーパーコラーゲン・リピジュア・セラミド・アロエベラ葉エキス」。

エモリエント成分の「スクワラン」を配合した、美容効果抜群のセザンヌの「UVクリアフェイスパウダー」。

軽くてさらさらとしたつけ心地のパウダーが、肌全体になめらかに広がり肌悩みのない明るく澄んだ肌を目指します。

SPF28・PA+++で紫外線カット効果も抜群です。

洗顔料だけでキレイに洗い落とせるので、クレンジングを不使用のメイクにこだわっている方にもおすすめですよ!

20代前半の女性におすすめのベースメイク

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

ふわふわのマシュマロ美肌を叶えるキャンメイクの「マシュマロフィニッシュパウダー」。

SPF26・PA++の効果で紫外線もカットし、たっぷりの美容成分も肌に浸透させます。

気になるベタつきやテカリもさらりとカバーし、ふんわり美肌を導いてくれますよ!

毛穴や色ムラのないマシュマロのような白美肌を目指しましょう。

NARS ラディアント クリーミーコンシーラー

リッチでスムースなつけ心地のNARSの「ラディアント クリーミーコンシーラー」。

肌に潤いを与えながら、気になる部分をしっかりカバーするクリームタイムのコンシーラーです。

ノビも良く、ヨレも少ないため、自然で輝きのある肌を長時間キープすることができます。

天然由来の保湿成分も配合されていますので、肌への潤い効果も抜群です。

カネボウ フェースアップパウダー 【ミラノコレクション2016】

毎年新しいデザインが発売されるカネボウのフェースアップパウダー。

ミラノコレクション2016は、保湿成分にローヤルゼリーとエーデルワイスエキスを配合し、ベルベットのようななめらかな肌を演出します。

パウダーにはSPF14 PA++の紫外線カット効果も付いています。

キメ細やかなパウダーでふっくらと柔らかな肌を作り上げてみてはいかがでしょうか。

ミラノコレクション2017も2016年12月に発売です。

こちらも注目を集める商品になりそうですよ!

エテュセ オイルブロックベース【部分用化粧下地】

2016年4月に発売されたエテュセの「オイルブロックベース【部分用化粧下地】」。

テカリの気になるTゾーンや小鼻、化粧崩れの気になる部分にブラシで直塗りできる部分用化粧下地です。

テカリと共に気になる毛穴もカバーし、さらさらなマット肌へと仕上げていきます。

ただテカリを抑えるだけでなく、テカリを吸収するパウダーが皮脂に吸着。
長時間のさらさら肌をキープします。

植物エキスの「カミツレエキス・ローズマリーエキス」配合で、肌の内側からふっくらとした肌を導きます。

マキアージュ スノービューティーⅢ

雪のような繊細な素肌を作り出す薬用美白フェースパウダーの「マキアージュ スノービューティーⅢ」。

シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑える美白有効成分の「m-トラネキサム酸」を配合しています。

昼間はおしろいとして。
夜は素肌ケアとして乳液のベタつきを抑え、透き通った素肌を導きます。

透明感のある色白肌を目指していきましょう。

20代前半の女性に合ったベースメイクの選び方

出典:://

ファンデーションには種類がたくさん!まずは種類を知る!

ファンデーションの選び方の前に、まずはファンデーションの種類についてご紹介していきたいと思います。

ファンデーションには「リキッド・パウダー・ルース・クリーム・エマルジョン」など主に5つのタイプのファンデーションが販売されています。

リキッドタイプは液状で伸びもフィット感も良いのが特徴。
ただし、しっかり塗らないとヨレが生じることも。また、毛穴にリキッドファンデが詰まってしまい炎症を起こしてしまうこともあります。

パウダーは皮脂やテカリを抑える効果があります。しかし、化粧崩れが起こりやすくカバー力が弱い物も多いです。

ルースタイプはおしろいのように使えるアイテム。ふんわりとした素肌を導きますが、ルースタイプだけではカバー力もキープ力も弱めです。

クリームタイプはリキッドタイプよりもさらに油分の多いテクスチャで、肌全体にしっかり馴染み、カバー力もリキッドよりも上です。しかし、リキッド同様、毛穴に詰まりやすいというデメリットがあります。

エマルジョンは肌にのせるとリキッド状に変わり、その後水が蒸発してパウダーにかわる変化するタイプのファンデーション。リキッドとパウダーの良いところを合わせ持っています。

種類を知ったら、自分の肌質を見極める

出典:://

ファンデーションには主に5つのタイプがありました。

それぞれのメリット・デメリットを大まかに把握することはできたでしょうか。

このメリット・デメリットを踏まえたうえで、ファンデーション選びに取りかかります。

例えば「皮脂詰まりによる肌荒れやニキビを発症しやすい人」や「顔のテカリが気になっている」という人には、リキッドタイプやクリ―タイプのファンデーションはおすすめできません。

さらに肌荒れやテカリを悪化させる原因となってしまいます。

このように、自分の肌質を見極めてから、ファンデーション選びに取りかかっていきましょう。

20代前半の肌も把握

出典:://

20代前半の肌は水分・油分量がまだまだ安定しています。特に油分は十分すぎるほどみなぎっている状態です。

そんなバランスの整った肌に余計な油分を与えると皮脂を過剰に分泌させる原因となります。

20代前半の肌には油分の少なめなベースメイクアイテムをチョイスするのがGOOD!

リキッドやクリームタイプでも油分の少ないものを選んでいきましょう。

いかがでしたでしょうか?

20代前半のベースメイクランキングではリキッドやパウダー、ルースなど様々な種類のファンデーション・フェイスパウダーがランクインされていました。

肌質を見極め、自分の肌に合うベースメイクアイテムを選んでみてください。

関連するまとめ

乾燥肌の女性におすすめの洗顔料ランキング ベスト10

秋冬の乾燥が気になる季節だけでなく、1年中肌のかさつきが気になるという「乾燥肌」。 乾燥肌の持ち主は、肌の…

ta_sa / 372 view

50代の女性におすすめの化粧水ランキング ベスト10

40代から一気に肌質が変わり始め、シミ・シワ・たるみ・くすみなどの年齢による肌トラブルに悩み始める人が増えて…

ta_sa / 812 view

脂性肌の女性におすすめのシートマスク・パックランキング ベスト10

シートマスク・パックには保湿を叶える効果しかないと考えている方も多いのではないでしょうか。 脂性肌に保湿成…

ta_sa / 4800 view