1位 カウブランド 無添加うるおい洗顔

植物性アミノ酸系の洗浄成分を配合したカウブランドの「無添加うるおい洗顔」は2015年10月にリニューアル発売された商品です。

濃密なクッション泡が肌に負担をかけず、毛穴の汚れもしっかり洗い落とします。

保湿成分「セラミド」も配合されており、乾燥肌や敏感肌にもたっぷりの潤いを与えていきます。

着色料・香料・パラベン・鉱物油・アルコールなどの添加物は一切使用されていませんので、低刺激にこだわる方にもおすすめの洗顔料です。

2位 イグニス サニーサワーソープ

瀬戸田産のレモン果汁を配合した、ビタミンCたっぷりの洗顔料。

レモンに含まれる美肌成分が肌トラブルを改善し、ワントーン明るい肌を導いていきます。

クリームタイプで泡立ちも良く、汚れやベタつきもすっきり洗い流すことができますよ!

フレッシュシトラスの香りでリフレッシュ効果も抜群です。油分が気になる方や汗をかいてベタベタした肌に使うと、スッキリとした爽快感が得られます。

3位 MDNA SKIN ザ フェイスウォッシュ

モンテカティーニ産のオリーブオイルが含まれたクレンジングもできる洗顔料。

オリーブオイルと天然ミネラルたっぷりの温泉水が配合されており、クレンジングしながらしっとりとした肌を手に入れることができます。

ベーステクスチャーはオイル。濃密オイルが皮脂汚れや毛穴の黒ずみに絡み、汚れをしっかり洗い落とします。

香りは「ミント・ローズマリー・ゼラニウム・ライム」などのハーバルブレンド。

高級感のある香りに思わずうっとりしてしまうこと間違いなしです。

4位 カウブランド 無添加泡の洗顔料

ランキング1位 の「カウブランド 無添加うるおい洗顔」の泡タイプ。

植物性アミノ酸系洗浄成分・セラミドの効果で肌に優しい洗顔を行うことができます。

1プッシュでモコモコの泡が出てくるので、泡立てる手間もかかりません。

「着色料・香料・パラベン・鉱物油・アルコール」などの添加物の使用は一切なし!
敏感肌の方にも安心です。

5位 ロゼット 洗顔パスタ 荒性肌

1929年に日本初のクリーム状洗顔料を発売した「ロゼット」。

ロゼットの洗顔料は長年愛されるロングセラー商品です。

肌悩みに合わせたきめ細かなパウダーを練り込み、豊かな泡立ちと肌悩みに合う使用感を生み出します。

20代後半の洗顔料5位 にランクインしているのは、洗顔パスタの「荒性肌」。

しっとりとした優しい洗い上がりで肌荒れ・ニキビを防ぐ薬用洗顔料です。

古い角質をしっかり取り除き、硫黄のチカラでキメの整った肌を導いていきます。

6位 オルビス 薬用クリアウォッシュ

繰り返す大人ニキビに効果を発揮するオルビスの「クリアシリーズ」。

クリアシリーズの大人気商品となっているのが「薬用クリアウォッシュ」です。

コシのある弾力泡が毛穴の奥の詰まりまでしっかり取り除き、ニキビ・肌荒れに効果のある有効成分を角質層まで浸透させます。

アミノ酸系洗浄成分も配合されているので、整肌効果も抜群です。

7位 イプサ クレンジングフォーム センシティブ

肌のバリア機能が低下し、肌のコンディションが敏感になっている人のために作られた洗顔料。

バリア機能を高める酵素に働きかける「オドリコソウエキス」を配合しています。

外的刺激から守る「バリアコート成分」が潤い蒸散を防ぎ、MFデリバリー成分が洗顔後の化粧水の浸透もアップさせていきます。

着色料・香料・アルコール・パラベンも使用されていません。

敏感肌でお悩み方は、イプサの「クレンジングフォーム センシティブ」を試してみてはいかがでしょうか。

8位 dプログラム コンディショニングウォッシュ

余分な皮脂や角質汚れをしっかり除去できるのに、潤い効果も抜群の「コンディショニングウォッシュ」。

弱酸性で、洗い上がりもしっとり。肌荒れが続いているときも、肌のターンオーバーを正常に戻していきます。

「香料・着色料・パラベン・鉱物油・アルコール」などの添加物は一切使用せず、肌に優しい成分で作られています。

9位 ビフェスタ 泡洗顔 モイスト

ヒアルロン酸とコラーゲンが配合された「潤い洗顔料」。

肌に吸いつくような高濃度保湿成分がしっとりとしたもちもち肌を導きます。

炭酸濃密泡で毛穴の汚れもすっきり除去!顔全体を優しくマッサージし、透明感のあるワントーン明るい肌を目指していきましょう。

「香料・着色料・パラベン・アルコール」などの添加物は使用されていません。
しっとり肌を体感してみてはいかがでしょうか。

10位 雪肌精 ホワイト クリーム ウォッシュ

2016年7月1日に発売された雪肌精の「ホワイト クリーム ウォッシュ」。

和漢植物エキスが配合された濃密泡が角質層まで浸透し、雪のような透明感のある肌へと洗い上げます。

和漢植物エキスには「ムクロジエキス」やヤシ由来の洗浄成分を使用。

キメ細やかな泡が古い角質や毛穴の黒ずみを洗い流し、しっとりしなやかな肌へと導きます。

香りは雪肌精共通のモダンフローラルです。

20代後半の女性に合った洗顔料の選び方

肌質に合う洗顔料を選びましょう

洗顔料を選ぶ1番のポイントは「肌質似合っているかどうか」。

肌には敏感肌や乾燥肌、脂性肌など様々なタイプがあります。

敏感肌の人なら、肌に優しい無添加タイプや天然由来のナチュラルタイプを選ぶのがコツ!

脂性肌の人ならオイルフリーのさっぱりタイプを選ぶべきです。

肌質に合わない洗顔料は、皮脂を過剰に落としすぎたり、乾燥を生み出す原因となります。

皮脂や油分の落とし過ぎは、皮脂分泌をさらに悪化させることになりますので、自分の肌質に合う洗顔料を選んでみてくださいね。

自分の肌質の見極め方

「肌質に合うものを選ぶのはわかったけど、自分の肌質がいまいちよくわからない」という人も多いかもしれません。

肌質のメインは「脂性肌・混合肌・乾燥肌・超乾燥肌」の4つ。さらに細かく分けることもできますが、まずはこの4つの中から自分の肌質を見極めてみましょう。

見極めのポイントは水分量と油分量です。

肌全体がテカっていて、化粧崩れがしやすい人は「脂性肌」。

肌全体に潤いがあり、乾燥をすることもあるがそこまで気にならないという人は「混合肌」。

肌のカサカサが気になる・小じわができやすい。でも化粧下地があれば化粧ノリが落ち着くという人は「乾燥肌」。

肌が常にカサカサ・ガサガサしている。ファンデーションを塗ると粉をふくといった肌質の持ち主は「超乾燥肌」です。

テカリも乾燥も気になる「インナードライ肌」という肌質を持っている人もいます。
これを参考に肌質を見極めてみてくださいね。

タイプに合った洗顔料で正しく洗顔

肌質に合う洗顔料を手に入れたら、正しい洗顔法を取り入れることも大切です。

洗顔料はモコモコに泡立てて使います。

手のひらは肌につけず、泡だけでくるくるとマッサージするように洗顔をするのがポイントです。

キメ細やかな泡で毛穴の汚れもすっきり洗い流していきましょう。

顔全体を洗い終わったら、ぬるま湯でしっかりすすぎ、最後はタオルで優しく水分を拭き取ります。

タオルでゴシゴシと顔を拭かないように注意してくださいね!

いかがでしたでしょうか?

20代後半に人気の洗顔料ランキングをお届け致しました!

ニキビや乾燥肌、敏感肌など様々な肌質に合う洗顔料がランクインされていましたので、自分の肌質に合う洗顔料をぜひチェックしてみてくださいね。

ぴったりの洗顔料が見つかったら「正しい洗顔法」で洗顔をし、ハリのある弾力肌、若々しい肌をキープさせていきましょう。

関連するまとめ

20代後半の女性におすすめの香水ランキング ベスト10

若々しさと大人の魅力を合わせ持つ20代後半。 香水にも大人っぽさを加えたい年代です。 20代後半の女性に…

ta_sa / 158 view

敏感肌の女性におすすめのまつげ美容液ランキング ベスト10

化粧品成分が刺激になることもある敏感肌女性は、スキンケアコスメやメイク用品にもこだわりのアイテムを使用してい…

ta_sa / 17 view

30代後半の女性におすすめのクレンジング ランキング ベスト10

30代後半は、いよいよ本格的にエイジングケアをスタートさせていきたい年代です。 ここでのスキンケアの違いが…

ta_sa / 137 view

関連するキーワード