1位 MIMURA SS COVER

SPF20・PA++。

アルコールフリー・無防腐剤・無着色・無香料の無添加処方で敏感肌を労わるベースメイクを仕上げる化粧下地。

テカリ・小じわ・メイク崩れなどの気になる肌トラブルを解消し、汗をかいてもベタつかないサラサラ感触で、なめらかな美肌を導きます。

エイジング効果のあるビタミンEやメラニンの生成を抑える美白成分も配合し、敏感肌を若々しく保つこともできますよ!

無添加処方の化粧下地で、敏感肌に優しい日焼け止めを実践していきましょう。

2位 アクセーヌ スーパーサンシールド EX

SPF50・PA++++の強力な紫外線カット力を持つベースクリームの「アクセーヌ スーパーサンシールド EX」。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で、敏感肌に優しいベースメイクを完了させ、アクセーヌ史上最大の紫外線カット力で敏感肌を紫外線・大気汚染物質からしっかりガードします。

独自の技術によるUVカット粒子は、肌に直接触れないコーティングが行われており、摩擦による肌ストレスを与えず、効率良く紫外線をカットしていくことができますよ!

なめらかなテクスチャを敏感肌に行き渡らせ、毛穴目立ちのない艶やかな美肌を目指していきましょう。

3位 マキアージュ パーフェクトマルチベースBB

抜群のカバー力を10時間キープするツヤ肌を導くBBクリーム。

濃密な美容液のようなテクスチャが、肌全体を潤いで満たしつつ、毛穴・色ムラを自然にカバーしていきます。

SPF30・PA++でオールシーズン対応です。

美人度を上げる6つのツヤポイントを抑え、美人顔を目指していきましょう。

4位 イプサ プロテクター デイタイムシールド EX

刺激線や空気中のチリ・ホコリからも不安定な敏感肌をしっかり守る日焼け止め乳液の「イプサ プロテクター デイタイムシールド EX」。

新技術の「マルチブロッキング美肌シールドEX」が、肌を二重にブロックし、外的刺激から肌を守って、健やかな美肌へと整えます。

SPF50・PA++++の強力な紫外線カット力を持ちながら、洗顔料でオフできるところも魅力的!

敏感肌に悪影響を及ぼす物質をすべてカットしていきましょう。

5位 ニベア ニベアサン クリームケアUVクリーム

2017年2月に発売されたSPF50+・PA++++の高保湿日焼け止め。

お馴染みのニベア青缶にも配合されているホホバオイル・スクワランなどの保湿成分と、高保水型ヒアルロン酸が含まれており、敏感肌にもしっかりフィットして、長時間ベタつかないしっとり美肌へと整えます。

強力な紫外線から敏感肌を守り、肌へ与える悪影響を完全カットしていきましょう。

6位 dプログラム アレルバリア エッセンス BB

dプログラム独自の「アレルバリアテクノロジー」を搭載した、紫外線や外的刺激から肌を守る機能を持つBBクリーム。

紫外線吸収剤・パラベン・アルコール・鉱物油などの添加物を使用せず、肌に優しい「ノンケミカル処方」で作られています。

日焼け止めの他にも、乳液・美容液・化粧下地の役割を持つスグレモノ!

気になる肌の赤み・くすみもカバーし、素肌のような自然な仕上がりを目指します。

7位 ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションBB

「ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクションBB」は、敏感肌女性にも使用できる低刺激処方のBBクリームです。

SPF50・PA++++で紫外線をしっかりカットできるのに、肌に優しい処方で敏感肌にも安心!

シミ・色ムラなどを自然にカバーし、明るくクリアなナチュラル美肌を導きます。

紫外線だけでなく、大気中の汚染物質からも肌を守りながら、保湿成分・整肌成分のチカラで肌本来の機能を高めていきましょう!

8位 アクセーヌ マイルドサンシールド

日焼け止め保湿ベースクリームとして発売されている「アクセーヌ マイルドサンシールド」。

「無香料・エタノールフリー・低刺激性・ノンケミカル処方」の潤うUVベースで、なめらかな美肌へと整えます。

肌に優しく1年中使用可能なSPF28・PA++で、紫外線散乱剤も肌に直接触れないように作られていますので、刺激が気になる敏感肌にも安心!

保水効果の高いヒアルロン酸Naやセラミドなどの保湿成分もたっぷり配合し、塗るだけで理想の美肌を導きます。

9位 アネッサ エッセンスUV アクアブースター

SPF50+・PA++++のスキンケアを叶える保湿UV.

汗や水に触れるとパワーアップする革新的な「アクアブースター技術」を搭載し、しっとりとした使用感で敏感肌全体を包み込みます。

こだわり抜いた美肌エッセンスは、保湿しながら紫外線ダメージをしっかりケア。

石鹸で落とせる肌への優しさも魅力的です。

10位 セザンヌ UVウルトラフィットベースN

セザンヌの「UVウルトラフィットベースN」はSPF36・PA++で、紫外線吸収剤・香料・鉱物油を使用しない肌悩みに合わせたベースメイクを完成させる高保湿化粧下地です。

「毛穴・色ムラカバー」「透明感アップ」「血色感アップ」の3つのカラーが用意されており、どのカラーにも7種類の潤い成分が配合されています。

気になるくすみ・色ムラをカバーしながら、肌悩みに合わせた補正を実行。

なめらかで心地のよいテクスチャが敏感肌に素早く広がり、潤い肌を長時間キープしてくれますよ!

敏感肌女性の日焼け止め(顔用)の選び方

無添加・低刺激処方の日焼け止めを選ぶ

紫外線や大気汚染物質、化粧品成分が肌荒れの原因になることもある敏感肌です。

日焼け止めには、香料・着色料・パラベン・アルコールなどの添加物が使用されていないアイテムを選んでいきましょう。

また、SPF・PAが高いものも肌への負担が大きくなります。

敏感肌の持ち主はSPF・PAが弱いタイプを選び、サングラスや日傘・帽子等を併用することをおすすめします。

「クレンジングいらず」で簡単に落とせる日焼け止めがおすすめ

クレンジングでゴシゴシこすらなければ落ちないような日焼け止めはNG。

日焼け止めの成分による刺激だけでなく、肌摩擦によるストレスも与えてしまうことになります。

クレンジングを使わず、お湯や石鹸だけで簡単に落とせるような肌に優しい日焼け止めを選んでいきましょう。

ノンケミカル処方でも肌に異常があれば使用を中止する

日焼け止めには「紫外線吸収剤」が使用されたケミカル処方のアイテムと「紫外線散乱剤」が使用されたノンケミカル処方の2パターンが存在します。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収した後に化学反応を起こし、肌への侵入を防ぐもの。

紫外線散乱剤は、肌表面で紫外線を反射させるものです。

紫外線を吸収しない紫外線散乱剤・ノンケミカル処方の日焼け止めが敏感肌におすすめと一般的には言われています。

しかし、中にはノンケミカル処方でも肌荒れを起こす人。ケミカル処方の方が、肌質が安定するといった人も存在します。

どんなに低刺激なアイテムでも自分の肌質との相性をしっかり見極めて、肌に異常を感じた場合はすぐに使用を中止してくださいね。

いかがでしたでしょうか?

肌に優しく、簡単に肌を休ませることができる日焼け止めが敏感肌女性にぴったりです!

自分の肌質に合うものを選び、肌に負担をかけないUV対策を徹底していきましょう。

関連するまとめ

混合肌の女性におすすめのフェイスパウダーランキング ベスト10

乾燥・脂性の両方の肌悩みを持つ混合肌。 化粧崩れも起こりやすい混合肌には、フェイスパウダーがおすすめです。…

ta_sa / 593 view

乾燥肌の女性におすすめのボディソープランキング ベスト10

「かさついて身体が痒くなる」という経験を持つ乾燥肌女性も多いのではないでしょうか? かさつきを抑えるために…

ta_sa / 580 view

50代の女性におすすめの美容グッズ・美容家電ランキング ベスト10

紫外線によるダメージだけでなく、肌への摩擦や化粧品の成分等も肌へのストレスになる50代の肌や身体。 水分の…

ta_sa / 325 view