1位 ニールズヤード レメディーズ ナチュラルUVプロテクション

肌を労わるオーガニック成分で作られたオーガニック日焼け止めの「ニールズヤード レメディーズ ナチュラルUVプロテクション」。

素肌に密着する日焼け止めだからこそ、肌への負担を最小限に抑える処方で作られています。

英国ソイルアソシエーション認定のオーガニック成分と100%天然ミネラルフィルターの紫外線カット力で白く美しい美肌を導きます。

SPF30・PA+++の紫外線カット力とハーブエキス・植物オイルの日焼け止めで、乾燥肌への刺激を軽減するUVケアを行っていきましょう。

2位 ニベア ニベアサン クリームケアUVクリーム

2017年2月に発売されたSPF50+・PA++++のニベアの高保湿日焼け止め。

ニベアの青缶にも含まれる「ホホバオイル・スクワラン」などの保湿成分と、高保水型ヒアルロン酸が乾燥肌にしっかりフィットして、長時間ベタつかないしっとり美肌へと整えます。

お馴染みのニベアの保湿成分を乾燥肌にたっぷり行きわたらせ、紫外線もしっかりカットしていきましょう。

3位 アネッサ エッセンスUV アクアブースター

SPF50+・PA++++の強力紫外線カット力とスキンケアを実現するアネッサの「エッセンス UV アクアブースター」。

汗や水に触れるとパワーアップする革新的な「アクアブースター技術」が搭載されており、しっとりとしたテクスチャが乾燥肌全体を包み込みます。

こだわり抜いた美肌エッセンスは、保湿と紫外線によるダメージを補修し、なめらかな美肌へと整えます。

お湯・洗顔料で洗い落とせるのも魅力の1つです。

4位 スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス

製薬会社であるロート製薬が手がける「スキンアクア スーパーモイスチャーエッセンス」。

SPF50+・PA++++の強力紫外線カット力を持ちながら、たっぷりのうるおい成分も浸透させることができる肌への優しさにこだわった日焼け止めです。

保湿成分には「スーパーヒアルロン酸・ヒアルロン酸Na・アミノ酸・コラーゲン」を配合し、肌に潤いを与えながら輝く美肌へと整えます。

無香料・無着色・無効物湯・石鹸で落とせる低刺激処方です。

5位 クレ・ド・ポー ボーテ クレームプロテクション UV

優れたスキンケア効果で、エイジングケアを行いながら、紫外線によるダメージもしっかりガードするクリームタイプの日焼け止め。

上質なクリームテクスチャは、乾燥肌になめらかに広がり、1日中しなやかでハリのある肌をキープします。

化粧下地として利用すれば、ファンデーションのつき・ノリをよくすることができますよ!

6位 紫外線予報 UVさらさらジェル

石鹸で落とせて、子供にも使える「無香料・無色素・無効物油・ノンパラベン・ノンアルコール・ノンシリコン」の日焼け止め。

軽くさらさらとしたテクスチャなので、肌に塗ってすぐに洋服も着られます。

SPF30・PA+++で年中使用OKです。

7位 ビオレ ビオレUV のびのびキッズミルク

デリケートな子供の肌にも使用できる汗・水・こすれに強いウォータープルーフタイプの日焼け止め。

もっちりベール処方で、強力紫外線から肌を守り、ワセリンによる保湿効果で柔らかな肌を保ちます。

すっとのびるミルキィタイプのテクスチャを乾燥肌のすみずみに行き渡らせていきましょう。

8位 雪肌精 サンプロテクト エッセンス ジェル N

SPF50+・PA++++の強力な紫外線カット力で肌を守り、透明美肌をキープさせる和漢化粧水仕立ての日焼け止めジェル。

和漢植物ハトムギエキスを従来品の2倍増量し、アケビエキス・ボタンエキスも配合して、くすみのないクリアな肌を導きます。

さらにスムースゲルが潤いを角質層に閉じ込めつつも、さらさらすべすべの肌表面へと整えていきます。

洗顔料やボディソープでも簡単オフできる「サンプロテクト エッセンス ジェル N」で、和漢の力を全身に巡らせていきましょう。

9位 メンターム ザサンUVジェル

7種類の植物エキスが配合された保湿効果抜群の日焼け止めジェル。

顔にも体にもすっと馴染むジェルテクスチャが乾燥肌の全身に行き渡り、SPF50+・PA++++の紫外線カット力で、肌への悪影響を完全カットしていきます。

無香料・無着色・ボディソープでも落とせる低刺激性です。

10位 ビオレ ビオレUV マイルドケアミルク

弱酸性&アルコールフリーの「ビオレUV マイルドケアミルク」は、親子で使える低刺激性の日焼け止め。

ウォーターベースのテクスチャが、乾燥肌にスッと馴染み、心地の良い使用感で、さらりとした肌へと導きます。

保湿成分には「ヒマワリエキス・カモミールエキス」を配合。

SPF30・PA++・無香料・無着色・アルコールフリーの低刺激処方の日焼け止めで、乾燥肌に優しいケアを実践していきましょう。 

乾燥肌女性の日焼け止め(ボディ用)の選び方

SPF/PAが高ければ良いわけじゃない!使い分けがポイント!

強力な紫外線から肌を守るためにSPF・PA値の高さだけで日焼け止めを選んでいる方も多いかもしれません。

しかし、日焼け止めの選ぶポイントをSPF・PA値に充てるのは間違いです。

日焼け止めに含まれる成分が、乾燥肌への負担となることもあります。

SPF/PA値が高い分だけ、肌に与える負担が強くなる場合も大いにありますので、日常生活ではSPF30・PA++程の日焼け止めを選んでいきましょう。

外でのレジャーをする場合はSPF50・PA++++の紫外線カット力の強いもの。

海・プールで使用する場合はウォータープルーフタイプなどシーンに合った日焼け止めを選んでみてくださいね。

また、SPF/PA値だけでなく、保湿成分・美容成分も含まれている日焼け止めを選ぶと、紫外線をガードしながら、乾燥対策も行うことができます。

乾燥肌にたっぷりの潤いを与えることができる保湿成分・美容成分配合の商品もチェックしてみてください。

無添加・低刺激処方の日焼け止めを選ぶ

乾燥肌は不安定な肌質の持ち主です。

化粧品も無添加・低刺激の肌に優しいタイプのアイテムを使用している方がたくさんいます。

日焼け止めにも無添加・低刺激処方やオーガニック・天然由来のアイテムを利用するとGOOD!

肌荒れの原因となる成分は一切カットし、乾燥肌の負担を取り除いていきましょう。

また、化粧品成分だけに頼らず、日傘やサングラスなどの日よけグッズを併用するのもおすすめです。

日焼け止めと日よけグッズの徹底で「焼かない肌」を目指してみてくださいね。

石鹸・ボディソープで簡単に落とせる日焼け止めがおすすめ!

日焼け止めの成分による肌荒れだけでなく、日焼け止めを落とすときのクレンジング剤が肌に負担を与えることもあります。

全身に使う日焼け止めなら、石鹸やボディソープで簡単に落とせるものがおすすめです。

ごしごしこすらず、ラクにオフできる日焼け止めを選んでいきましょう。

いかがでしたでしょうか?

紫外線は、顔だけでなく全身に様々な悪影響をもたらします。

乾燥肌の悪化やシミ・そばかす・くすみなどのトラブルを引き起こす前に、紫外線対策を万全に行い、乾燥肌を労わるケアを徹底していきましょう。

関連するまとめ

50代の女性におすすめの香水ランキング ベスト10

海外では50代になっても香水を楽しんでいる人がたくさんいます。 50代を超えても香水を楽しむことができる気…

ta_sa / 10001 view

脂性肌の女性におすすめのオールインワン化粧品ランキング ベスト10

テカリ・ベタつき・ニキビなどの肌トラブルに悩む脂性肌。 脂性肌を改善するためにスキンケアにはこだわりと時間…

ta_sa / 484 view

20代前半の女性におすすめの乳液・美容液ランキング ベスト10

環境の変化と共に肌質の変化を感じ始める20代前半。 ニキビや乾燥などの肌トラブルが現れてくることもあるでし…

ta_sa / 1043 view

関連するキーワード