1位 アリィー(ALLIE) エクストラUVプロテクター(パーフェクトアルファ)S

日常生活はもちろん、海やプールでのレジャーでも大活躍のウォータープルーフタイプのUVクリーム。

べたつかずサラサラとした汗・水・皮脂に強いクリームが脂性肌全体を包み込み、強力な紫外線を1日中しっかりカットしていきます。

ウォータープルーフの強力な紫外線カット力を持ちながら、無着色・無効物油・パラベンフリーの低刺激処方。

海・プール・スポーツなどの外でのレジャーにぜひご利用ください。

2位 ビオレ ビオレUV マイルドケアミルク

「ビオレUV マイルドケアミルク」は、親子で使える低刺激性の日焼け止めです。

ウォーターベースのテクスチャは、脂性肌にも素早くなじみ、紫外線カット・保湿を行います。

保湿成分には「ヒマワリエキス・カモミールエキス」などの植物エキスを配合。

SPF30・PA++・無香料・無着色・アルコールフリー・弱酸性で普段使いに最適です。

脂性肌に優しいUVケアを行っていきましょう。

3位 伊勢半 スハダフィットUV ウォータージェル

みずみずしいウォーターテクスチャが脂性肌全体に瞬時に馴染むウォータージェルタイプの日焼け止め。

水のような感覚でもべたつかず、脂性肌を紫外線からしっかり守ります。

保湿成分にヒアルロン酸・コラーゲンを配合。

石鹸で落とせる低刺激性で脂性肌を労わるUVケアを実現します。

4位 イグニス フェイス&ボディ パラソル UV

みずみずしく軽やかな使用感で、肌を優しく守るSPF30・PA++の日焼け止め。

べたつく感触も少なく、ハーブの香りに包まれながら爽やかに紫外線をカットします。

ボディにもフェイスにも使用できる明るい肌をキープするイグニス トレジャーラインです。

5位 ニベア ニベアサン プロテクトプラス UVミルキィエッセンス

SPF50+・PA++++の強力紫外線カット力と肌への密着力にこだわったエッセンスタイプの日焼け止め。

肌の潤いをキープさせる「高保水型ヒアルロン酸」と「天然植物エキス」を配合し、紫外線によって失われがちな潤いもしっかり守ります。

汗・水でも落ちにくいのに、石鹸・ボディソープで簡単に落とせるのも魅力的。

無着色・無香料の低刺激性です。

6位 ビオレ ビオレUV さらさらパーフェクトミルク

汗・水に強いのに、使用感サラサラの脂性肌におすすめの日焼け止めミルク。

スーパーウォータープルーフタイプで海・プールでのレジャーへの使用もOKです。

なめらかなミルクテクスチャは肌馴染みもよく、白くならない透明UVカット処方で、素肌のような使用感を叶えます。

汗をかいてもべたつかない、サラサラ感触をぜひ体感してみてくださいね。

7位 ユースキンS ユースキンS UVミルク

デリケートな肌を持つお子さんや脂性肌・乾燥肌・敏感肌などの不安定な肌質を持つ方にも使用できるUVミルク。

潤い成分に「しその葉エキス」を配合し、紫外線カットと肌への優しさの両立が考えられた低刺激処方です。

無香料・無着色・弱酸性・アルコールフリー・紫外線吸収剤無配合で脂性肌を労わるUVケアを徹底します。

落とすときは石鹸・ボディソープをご利用ください。

8位 アネッサ エッセンスUV アクアブースター

SPF50+・PA++++の強力紫外線カット力を持ちながら、高いスキンケア力も実現するアネッサの「エッセンス UV アクアブースター」。

汗や水に触れるとパワーアップする革新的な「アクアブースター技術」搭載で、しっとりとした肌へと整えます。

こだわりの美肌エッセンスは、保湿力抜群!

さらに紫外線によるダメージも補修して、なめらかな美肌へと導いてくれますよ!

お湯・石鹸・ボディソープでも簡単に落とせます。

9位 AMRITARA(アムリターラ) オールタイムパウダーサンスクリーン SPF38 PA+++

ノーメイクの日でも、メイクの上からでも、ボディにも使用できるパウダータイプの日焼け止め。

美容ミネラル「セリウム」や保湿成分の「オーガニックホホバオイル」を配合し、甘夏とローズマリーの香りでリラックスしながらUVケアを行えます。

色はほとんどつかないのに、うっすら透明なベールをかけたようなワントーン明るい仕上がりになるので、肌色をきれいに見せたい方にもおすすめです。

脂性肌のベタつき・テカリを抑えて、サラサラ素肌を目指していきましょう。

10位 エテュセ バリアエッセンス

紫外線はもちろん、花粉・ちり・ほこりなどの大気中の微粒子からもデリケートな肌を守る日焼け止め。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で生後1か月の赤ちゃんにも使用できる低刺激性です。

SPF35・PA+++の肌に優しい使い心地で、脂性肌の肌もしっかり守っていきましょう。

脂性肌女性の日焼け止め(ボディ)の選び方

さらりとした使い心地の日焼け止めが人気

テカリ・べたつきなどの肌悩みを持つ脂性肌。

汗をかく季節が大の苦手!日焼け止めでべたつきが悪化するのがイヤ!という方も多いはず。

しかし、日焼け止めの中には、さらりとした肌心地を叶える商品が数多く発売されているんです。

べたつき・テカリ・汗も抑えながら、紫外線もしっかりカットしてくれる優秀アイテムで、脂性肌の肌悩みと、紫外線による悪影響をきちんとガードしていきましょうね。

ミルクテクスチャやジェルテクスチャの日焼け止めが一般的ですが、パウダーやスプレータイプの日焼け止めも販売されています。

脂性肌の肌にさらりと馴染む日焼け止めを愛用してみてくださいね。

無添加・低刺激処方の日焼け止めを選ぶ

日焼け止めには肌に悪影響を与える紫外線や大気汚染物質などを排除する効果があります。

紫外線カット能力が高いほど、肌への刺激となる成分がたっぷり含まれているものも多々。

過剰な皮脂分泌に悩む脂性肌を持っているなら、日焼け止めに配合されている成分にも十分注意しなければなりません。

日焼け止めにも「着色料・香料・鉱物油・パラベン・アルコール」などの添加物が含まれていない無添加処方・低刺激処方の商品がたくさんあります。

デリケートな肌を持つお子さんの肌にも使えるような、肌に優しい日焼け止めもおすすめです。

肌への負担となる成分が含まれていない、お湯やボディソープでも簡単に落とせる日焼け止めで、脂性肌を労わるUVケアを実践していきましょう。

シーンによっての「使い分け」も大切

SPF/PA値やウォータープルーフタイプ。

ジェルテクスチャやミルクテクスチャ、パウダータイプなど、日焼け止めを選ぶ基準は様々です。

無添加・低刺激処方だけでなく、どのようなタイプの日焼け止めが自分の肌質に合っているかを見極めることも大切ですよ!

例えば、海やプールのレジャーに行くのに普段を同じ日焼け止めを使うのはNG!
ウォータープルーフタイプで汗・水に強い日焼け対策を行わなければいけません。

反対に日常生活ではSPF30・PA++程の紫外線カット力の日焼け止めでもOKです。

SPF/PA値が高い無添加・低刺激処方の日焼け止めもありますが、SPF/PA値が少ない方が肌への負担も軽くなりますので、日常生活ではやや弱めの日焼け止めと日傘・サングラスなどの日よけグッズを併用していきましょう。

いかがでしたでしょうか?

脂性肌女性が選ぶ日焼け止めは、さらりとした感触のものがおすすめ!

テカリ・ベタつきを抑える日焼け止めで、理想のさらさら素肌を目指していきましょう!

関連するまとめ

40代の女性におすすめのキット・セット ランキング ベスト10

急激な肌の老化を感じ始める40代。 いよいよ本格的なエイジング対策が必要な年代に突入しました。 たくさん…

ta_sa / 81 view

敏感肌の女性におすすめのボディローション・ミルクランキング ベスト10

肌荒れの起こりやすい敏感肌には、潤い力・バリア機能を高めるボディローション・ミルクがおすすめです。 肌のコ…

ta_sa / 114 view

20代後半の女性におすすめの香水ランキング ベスト10

若々しさと大人の魅力を合わせ持つ20代後半。 香水にも大人っぽさを加えたい年代です。 20代後半の女性に…

ta_sa / 342 view