1位 バウンシア バウンシアボディソープ

キメ細やかな泡のクッションでアトピー肌にたっぷりの潤いを与えるバウンシアの「バウンシアボディソープ」。

美肌成分に「ヒアルロン酸・コラーゲン・ミルクバター」を含み、植物由来の保湿成分でみずみずしく潤う肌を導きます。

弾力ある濃密泡は、肌摩擦によるストレスも軽減!

アトピー肌の素肌を守り、しっとり美肌へと整えます。

2位 ピジョン 全身泡ソープ

生まれたばかりの赤ちゃんの肌にも使用できるピジョンの「全身泡ソープ」は、アトピー肌を優しくケアするボディソープ。

ピジョンベビーリピッド(イソステリアン酸コレステリル・セラミド)を配合し、余分な皮脂だけを取り除いて潤う肌をキープします。

ふわふわの泡はデリケートな肌を優しく包み込み、無着色・無香料・弱酸性の低刺激ボディソープでアトピー肌を労わるケアを実践していきましょう。

3位 ミヨシ 無添加 泡のハンドソープ

手洗い用石鹸・ボディソープに利用できる「ミヨシ 無添加 泡のハンドソープ」は、香料・着色料・防腐剤などの添加物は一切使用しない混合肌を労わるボディケアを実践します。

石鹸ならではのさっぱり感をキープしているので、洗い上がり後のぬるぬる感も残しません。

泡で出てくるハンドソープで簡単な全身洗いを実践していきましょう。

4位 CeraVeil スキンウォッシュ インデュース

ボディ・洗顔併用の「CeraVeil スキンウォッシュ インデュース」は、余分な皮脂・汚れをしっかり落とす洗浄力を持ちながら肌を労わるケアを実践するアトピー肌にもおすすめのボディソープ。

低刺激性と高めの洗浄性能を併せ持つ特殊な洗浄成分をメインに配合し、豊かな泡立ちで全身をしっかり包み込んで、さっぱりとした肌へと整えます。

肌荒れの原因となる皮脂・毛穴詰まり等をしっかり取り除いていきましょう。

5位 カウブランド無添加シリーズ カウブランド 無添加泡のボディソープ

濃密でキメ細やかな泡が、アトピー肌を優しく包み込み、潤いをキープしてしっとりとした美肌へと洗い上げるカウブランドシリーズの泡のボディソープ。

ヤシ油からできた肌への刺激の少ない「植物性アミノ酸系洗浄成分」を配合し、肌の潤いをしっかりキープしてみずみずしい肌へと整えます。

ボディタオルを使わず素手洗いを実践すれば、肌への摩擦による負担も軽減することができます。

ふわふわの泡でデリケートな肌を守っていきましょう。

6位 サテニーク ボディシリーズ ボディーシャンプー

肌のバリア機能を高める5種類の植物由来成分(メドウフォームオイル・シアバター・サンフラワーオイル・レシチン・スクワレン)を配合した弱酸性のボディソープ。

キメ細かくクリーミーな泡立ちで、全身をしっとり清潔に洗い上げ、健康的な素肌へと導きます。

アトピー肌を労わりながら、余分な皮脂・汚れをしっかり除去し、潤いたっぷりの健やかな肌を目指していきましょう。

7位 カウブランド無添加シリーズ カウブランド 無添加ボディソープ

余分な皮脂・汚れをしっかり落とす植物性石鹸と低刺激を実現する植物性アミノ酸系洗浄成分を配合したカウブランドの液体タイプのボディソープ。

着色料・香料・防腐剤・品質安定剤無添加で、肌の潤いをキープしたまま古い角質も毛穴の汚れもすっきり洗い落としていきます。

洗い上がりさっぱりのさらさら肌を体感してみてはいかがでしょうか。

8位 pHcare(ピー・エイチ・ケア) フェミニンウォッシュ アンセンテッド

無香料タイプなのに気になるニオイをしっかりケアできる弱酸性ボディソープ。

デリケートゾーンの自然なphを保ちながら、アトピー肌全体を洗浄しさっぱりした感覚で、潤い肌をキープします。

キメ細やかな泡で、潤い力・バリア機能をキープするボディケア・デリケートゾーンケアを行っていきましょう。

9位 ザ・ボディショップ シャワージェル AO

モロッコの神秘的な魅力が詰め込まれた、優しく穏やかなオリエンタルの香りのボディソープ。

保湿成分にアルガンオイル・ハチミツを配合し、豊かな泡立ちで、アトピー肌をすっきり洗い上げながら、みずみずしく潤う肌をキープします。

使うたびにしっとりすべすべになる美肌を、あなたも体感してみてはいかがでしょうか。

10位 ザ・ボディショップ シャワージェル ヴィンヤードピーチ

本物の桃のような甘くみずみずしい香りに包まれることができる「ザ・ボディショップ シャワージェル ヴィンヤードピーチ」は、発売されるたびに即完売してしまう大人気の期間限定・数量限定アイテム。

スキンコンディショニング成分にピーチエキス・ハチミツを配合し、豊かな泡立ちが全身を包み込んで、しっとり肌へと洗い上げます。

もぎたてのピーチのような香りで、リラックス効果も高めつつ、柔らか肌へと整えていきましょう。

アトピー肌女性のボディソープの選び方

無添加・低刺激処方のボディソープでアトピー肌を労わるケアを実践

スキンケアコスメやメイク用品に含まれる「成分」や、環境・寒暖差・体調などが肌荒れの原因になることもあるデリケートな肌質を持つアトピー肌。

全身に直接使用する「ボディソープ」にも無添加・低刺激のこだわりのアイテムを利用するのがおすすめです。

洗浄力の高いボディソープや香りの強いフレグランスタイプのボディソープには界面活性剤や着色料・香料などの肌荒れの原因となる成分がたっぷり含まれている可能性があります。

アトピー肌女性が選ぶボディソープは、無添加・低刺激。

尚且つ、小さなお子さんや赤ちゃんの肌にも使用できるような、刺激の少ないボディソープがGOOD!

デリケートな赤ちゃんの肌を労わるように、超敏感なアトピー肌を優しくケアしていきましょう。

弱酸性・アミノ酸系洗浄成分に隠された秘密

弱酸性や植物性洗浄成分・アミノ酸系洗浄成分が配合されたボディソープは、肌に優しいというイメージが定着しています。

しかし、実際はこれらの洗浄成分にも界面活性剤が含まれていることをご存知でしょうか。

「界面活性剤が使われているから悪い」というわけではなく、弱酸性・アミノ酸系の洗浄成分は「肌に必要な成分まではがしてしまうような強力な洗浄成分は持っていない」という点がポイントとなっています。

つまり、界面活性剤が含まれていても、弱酸性・アミノ酸系の洗浄成分なら肌に必要な潤い成分を残すことができるんです。

適度な洗浄力を持つ弱酸性・アミノ酸系洗浄成分はアトピー肌女性にも使用できる場合が多々。

肌への異常がなければ、ぜひ弱酸性・アミノ酸系のボディソープも利用してみてくださいね。

肌摩擦がアトピー肌を悪化させる

無添加・低刺激・洗浄成分にこだわりを持っても、肌をごしごしこするような洗い方をしてしまっては、摩擦による肌ストレスを与えてしまいます。

ふわふわの泡で全身を包み込み、優しく丁寧に洗い上げることが大切です。

また、すすぎ残しが肌荒れを引き起こす場合もありますので、洗い終わった後はしっかり流し、ボディソープが肌に残らないよう注意していきましょう。

いかがでしたでしょうか?

アトピー肌を持つ女性は、ボディソープに含まれる成分や洗い方にも注意が必要です。

肌への刺激を最小限に抑え、肌質を安定させるケアを徹底していきましょう。

関連するまとめ

30代前半の女性におすすめのメイクアップ ランキング ベスト10

大人メイクが定番となった30代前半。 30代前半からは、メイクアップアイテムにも気になる年齢肌をカバーでき…

ta_sa / 1691 view

脂性肌の女性におすすめのファンデーションランキング ベスト10

皮脂・テカリなど肌トラブルを持つ脂性肌女性には、「崩れる・ヨレる」などのファンデーション悩みが続出中。 脂…

ta_sa / 409 view

アトピー肌の女性におすすめのアイブロウランキング ベスト10

化粧品成分や環境・気温・体調などでも肌質が変化するアトピー肌。 アイブロウにもこだわりのアイテムを使用して…

ta_sa / 569 view

関連するキーワード