1位 ニベア ニベアソフト スキンケアクリーム

ニベアの「ニベアソフト スキンケアクリーム」は、さらっとした使用感でべたつく脂性肌をしっとりと整える乳液テクスチャのウォーターベースクリーム。

顔・腕・ひじ・ひざなど全身への使用ができ、植物性天然保湿成分の「ホホバオイル」が、脂性肌の角質層まですばやく潤いを行き渡らせていきます。

べたつかずに潤いだけが長続きする「ニベアソフト スキンケアクリーム」は、脂性肌女性に人気の高いアイテムです。

2位 無印良品 ホホバオイル

人間の肌の成分である「ワックスエステル」が豊富に含まれているホホバ種子から搾ったオイルをベースとした無印良品の「ホホバオイル」。

浸透力・安全性が高く、スキンケアやボディケアにも使用できるため、幅広い世代・肌質から人気を集めています。

脂性肌にもしっとり馴染み、ハリ・弾力を与えながら、脂性肌のニキビ・べたつきなどの肌トラブルもガード。

潤いに満ちた健やかな肌へと整えます。

3位 ロコベースリペア ロコベースリペア クリーム

保湿力・長時間カバー力・低刺激性にこだわった潤い力抜群の水にも強いハードクリーム。

防腐剤無添加で、保湿力を持続させるためのパラフィンを均一配合。

肌表面の繊細な隙間にも密着して、水に負けない長時間の保湿力を発揮します。

セラミド3・コレステロール・遊離脂肪酸の3つの脂質成分が角質層までしっかり行き渡り、肌のバリア機能もサポートします。

4位 ユースキンA ユースキンA

ビタミンB2 たっぷりの黄色いクリームでひび・あかぎれ・しもやけなども改善するビタミン系クリーム。

血流改善に効果のある「ビタミンE酢酸エステル」や消炎成分「グリチルリチン酸・dl-カンフル」。

さらに柔軟保湿成分「グリセリン」、潤い成分「ヒアルロン酸ナトリウム・ビタミンC」を配合し、水分が保たれた健康的な肌を目指していきます。

脂性肌の肌荒れを抑えながら、たっぷりの潤いを行き渡らせていきましょう。

5位 クラブ ホルモンクリーム クラシカルリッチ

保湿成分である女性ホルモン(エチニルエストラジオール)に3種類の和漢植物エキス(シャクヤク・ボタン・ユリ)が配合された顔・手・ひじ・ひざなど全身に使用できるマルチクリーム。

昔ながらの製法で作られたコクのあるクリームは、脂性肌に潤いの膜を張り、肌荒れ・乾燥を防いで透明感のある肌へと導いていきます。

こっくりとしたテクスチャでも、仕上がりはしっとりさらさらです。

クラシカルなデザインも可愛いホルモンクリームで、女性らしい柔らかな肌を手に入れていきましょう。

6位 Now Foods(海外) Jojoba Oil Certified Organic

100%ピュアで作られたUSDA認定のオーガニックホホバオイル。

顔・全身だけでなく髪にも使用することができ、健康的で柔らかな肌質・髪質へと改善していきます。

安全性の高い100%ピュアホホバオイルは、幅広い世代・肌質から人気のアイテム。

有害な化合物・合成成分を一切使用しない安心・安全のピュアオイルで、脂性肌全体に潤いを行き渡らせていきましょう。

7位 セタフィル モイスチャライジング クリーム

こっくりと濃厚なテクスチャなのに、べたつかずしっとり馴染む保湿効果抜群の「セタフィル モイスチャライジング クリーム」。

肌本来の保湿力と水分保持力をサポートし、脂性肌の角質層まで潤いをしっかり浸透させてみずみずしさをキープします。

肌のバリア機能を高める役割も持つ保湿クリームで、外的刺激からデリケートな肌を守りながら柔らかな美肌へと整えていきましょう。

8位 ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル

世界での売上1000万本を突破したヴェレダの大人気保湿オイル。

肌の潤い効果はもちろん、ヒップや太もも、二の腕などの肌のざらつきもケアすることのできる優秀オイルです。

肌をなめらかにする「アンズ核油」や、しっとり肌を導く「ホホバ種子油」。

「コムギ胚芽油・ヨーロッパシラカバ葉エキス・ローズマリー葉エキス」などの保湿効果の高い植物オイルもたっぷり配合し、しなやかでハリのある肌へと導きます。

肌の引き締めにも効果のあるボディオイルで、メリハリボディを目指してみてはいかがでしょうか。

9位 ニベア ニベアクリーム

「ニベアの青缶」として人気を集める「ニベアクリーム」は、プチプラでも優秀な万能クリームです。

肌に潤いを与える「スクワラン・ホホバオイル」を配合し、高級化粧品にも負けない保湿力で全身を包み込みます。

スキンケア・ボディケア・リップケアだけでなく、まつ毛育毛にも効果があると言われるニベアクリームで、脂性肌の全身ケアを実践していきましょう。

10位 蔵元美人 コメ油

お米を知り尽くした酒蔵が開発した「コメ油」は、お米だけで作られた美肌を導く万能オイル。

エイジングケアに効果を発揮するビタミンEや、コメ胚芽油・米ヌカ油も配合。

肌荒れ・小じわや、脂性肌に多いニキビにも効果を発揮し、皮膚を守って健やかな肌へと導きます。

脂性肌女性のボディクリーム・オイルの選び方

しっとり潤うのにべたつかないボディクリーム・オイルが人気

顔にも身体にも使用できる万能ボディクリーム・オイルが、幅広い世代・肌質から人気を集めています。

しかし、テカリ・べたつきの気になる脂性肌女性の中にはクリーム・オイルに抵抗がある人もいるようです。

そんな女性には、しっとり潤うのにべたつかないウォーターベース・乳液テクスチャのボディクリームや、さっぱりとした使用感のボディオイルがおすすめ!

肌はべたついていても、肌の水分量が足りていないことが多い脂性肌。

保湿力の高いボディクリーム・オイルは、脂性肌女性にも是非取り入れてほしいボディケアアイテムです。

さらりとした使用感が特徴のボディクリーム・オイルを選び、肌のべたつき・テカリを抑えていきましょう。

浸透力の高い保湿成分配合のボディクリーム・オイルを選ぶ

「肌への密着度の高いボディクリーム・オイルなら、どれを使っても同じなのでは?」と思う方も多いかもしれません。

しかし、保湿成分を脂性肌の角質層までしっかり行き渡らせていきたいなら、配合成分までしっかりチェックしなければなりませんよ!

スキンケアアイテムとしてもお馴染みの「コラーゲン・スクワラン・セラミド」。

「ホホバオイル・アルガンオイル・アボカドオイル・ココナッツオイル」などの植物由来のオイルは、肌への浸透力・保湿力も期待することができます。

一時的に潤いケアを行うのではなく、脂性肌の水分保持力を高めていけるようなボディケアを実践していきましょう。

ボディオイルの使用法には気をつけよう

保湿力・美容効果の高いボディオイルですが、脂性肌女性の肌にたっぷり使用してしまうとニキビ・べたつき・テカリを悪化させてしまうこともあります。

しかし、使用法に注意すれば、過剰な皮脂分泌を抑えることもできるんです。

「ボディクリームに1滴のオイルを混ぜる・単独で使用する場合は入浴中に使用する・純度100%のピュアオイルを使用する」など、 脂性肌との相性の良い使い方で、脂性肌の肌トラブルを抑えていきましょう。

いかがでしたでしょうか?

ボディクリーム・オイルの中にもさっぱりとした使用感のアイテムが数多く発売されています。

脂性肌にもぴったりのボディクリーム・オイルで、保湿力を高めながら、脂性肌トラブルも改善させていきましょう。

関連するまとめ

50代の女性におすすめのサプリメント・フードランキング ベスト10

50代女性には美容と健康をサポートするためのサプリメント・フードがおすすめです。 若々しさを保つために、不…

ta_sa / 143 view

20代後半の女性におすすめのパック・フェイスマスク ランキング ベスト10

20代前半まではニキビや皮脂による肌荒れに悩むことも多かったはずです。 20代後半からは、徐々に年齢による…

ta_sa / 3810 view

混合肌の女性におすすめのファンデーションランキング ベスト10

頬・口周りはかさつくのに、Tゾーンや小鼻周りは皮脂でギトギト。 混合肌を日本人女性に一番多いと言われる肌質…

ta_sa / 846 view